« コミケお疲れ様でした | トップページ | ドラゴンフルーツ3 »

Aspire easyHome H340の挙動について

windowsHomeServer機を購入してから半年、いろいろとわかってきたことと未確定のことについて、自分用メモ。

その1

 スリープ運用時のバックアップ

 当方の使い方ではバックアップ時を除いてH340へアクセスを行う頻度が低いため、使用しないときは電源ボタンを押してH340をサスペンドにしている時間帯があります。その状態では当然ながらクライアント側でもH340が見えていない(タスクトレイ上のコネクタのアイコンがグレーになっている)状態ですが、ここでクライアントもサスペンドにしておくと、バックアップ時間が来て復帰した際にwindowsHomeServerを見つけられず、バックアップに失敗して3分ほどで再度サスペンド状態になります。
 回避方法は…作業終了前にH340を起動し、認識したのを確認(場合によっては10分以上かかる)してからクライアント→H340の順にサスペンドに入れる。または、H340を常時起動で運用する。

その2

 サーバリカバリ

 当方、H340のシステムドライブを大容量に交換して運用しているのですが、ここで一つ問題が。
 H340のサーバリカバリディスクでリカバリ(システムのみ)をかけようとすると、"NetWorkError"と表示されてリカバリに失敗するw
 おそらく、H340の初期状態(システム用HDD容量は1G)以外の容量のHDDに対してはサーバリカバリは行えないのではないかと。H340の紹介記事などではHDDを交換してのリカバリで、容量を変化させると初期状態に戻す(保存データ全て破棄)必要がある、と書かれていますが、これは『前回と同じ容量』という意味ではなく、『工場出荷時と同じ容量』と言う意味かと。

 今更ですが、リカバリを考えるとシステムドライブ用HDDは交換すべきではない(容量を変化させるべきではない)という結論に。リカバリディスクの中身がディスクイメージであることを考えれば当然と言うべきなのかもしれないけど。

その3

 WiDMS(プレインストールされているDLNAクライアント)

 窓から投げ捨てろ!

|

« コミケお疲れ様でした | トップページ | ドラゴンフルーツ3 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150578/49542944

この記事へのトラックバック一覧です: Aspire easyHome H340の挙動について:

« コミケお疲れ様でした | トップページ | ドラゴンフルーツ3 »