« 今日の播種 | トップページ | 無花果 »

花卉栽培の収益性

数字・計算は適当なので、検算しないように。

種。1000粒5000円と安い目に仮定。発芽率は仮に80%としておく。

800本を定植、750本が出荷可能まで成長と仮定。そのうち、実際に出荷されたのが600本、1本あたり高いめの50円で売れたとすると売り上げ30000円。その際、1個あたり土が100ml(50l3000円)入っていて育苗ポットが5円とすると、30000-5000-(3000*(800*100/50*1000)=4800)-(5*800=4000)=16200円の利益。

これを1セットとすると、月50万程度の利益を取ろうとすると約30セット回すことになる。この計算には水や電気代とかその他消耗品等が含まれていないのを考えると、毎月平均2万本出荷しても一人分の給与分すら厳しい、と言うことになる。

毎週のうち、二日間は3000粒ずつ種をまき、3日は2000本ずつ出荷するくらい。

さて、必要な土地面積はどれくらい?

|

« 今日の播種 | トップページ | 無花果 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150578/47416393

この記事へのトラックバック一覧です: 花卉栽培の収益性:

« 今日の播種 | トップページ | 無花果 »